エントリー

カテゴリー「オーディオ」の検索結果は以下のとおりです。

こっれって

dyna_vette1996-img640x480-1523175318djqkzw30444.jpg

トーレンスのリファレンス、無敵のアナログプレーヤー

発売当時350万円だったかな?(40年前)

それがオークションで350万スタート、それもジャンク品扱いで!!

修理もできなかったのでそのまま出品したみたい

それが落札価格、5,031,999円、、、、びっくりポンです。

世の中にはお金持ちがいるんですね。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c648992733

GOLDMUND Mimesis 21 EVO

DSC_0707.jpg

このDACはリモコンの操作でプリアンプのようにボリューム調整もできます。

私はダイレクトでDACとして使っています。

GOLDMUNDのDACは高いものは500諭吉もしますのでこの機種で我慢しています。

Esoteric P-0sからこのDACを通してJeff Rowland - Synergy 2iに接続してますが、このプリは全段バランス接続でDACの方はアンバランスでおまけにプリの方は逆相接続になっていますので、自作でRCA~バランスへインコネをつくりました。

クロックはESOTERIC g0-s内部配線はルビジュームのモジュールまでの配線をじさくしています。

AudioquestのSKY3と比較しても自作の方が気に入っていますので満足いく出来栄えです。

これらの組み合わせでSACDプレーヤのMCD-1100をまったく寄せ付けません。

Golemundのロゴの金色はまだ保護ビニールがかぶっています。

 

電源コード

DSC_0393.jpg

たかが電源コード、されどで電源コード。

1990年ごろくらいから電源コードを変えたら音が変わるということをハイエンドマニアの方が仰っていました。

レビンソンのパワーアンプを買ったお店で電源ケーブルを作ってくれましたが、その時は聞き分けができませんでした。

クリーン電源はもうその当時から入れていましたが、電源ケーブルはあまり関心がありませんでした。

この画像のようにこれだけのケーブルがあまってしまいました。

一番太いケーブルは定価がなんと60諭吉もします。

市販品を買っていたのですが、ある時から自作するようになって今ではすべて自作品になっています。

Jeff Rowland model6+BPS

DSC_0389.jpg

このジェフローランド モデル6+バッテリードライブは合計4台になるのですが1台が20kをきっていますので、移動が楽なので、上のモデル8は60K以上あるので一人で移動ができません。ジェフのケースはすべて削り出しのジュラルミンを使って軽量、強靭です。天板も削り出しで天板のなき等もなく気に入っています。

モデル2をモノナル化してモデル6にしているので、音質も納得できるものとなってます。バランスケーブルはAudioquestのNiagaraです。むろん本物ですよ(笑

1.5m物で30諭吉しますので、今でもヤオクにだせば結構いい値段で売れます。

DSC_0323.jpg

Esoteric G-0s マスタークロックジェネレーター

DSC_0309-2.jpg

Esoteric P-0sのトランスポートの水晶をこのマスタークロックジェネレーターで100万倍の精度にあげます。たかがクロックで127諭吉もしますが、効果のわかる人はハイエンドマニアでないと聞き分けがたぶんできません。

クロックの内部配線も自分で自作で交換して好みの音に仕上げています。

ゴールドムンドのDACとこのg-0sのおかげでアナログは寄せ付けません。

 

Fly Me To The Moon

この Fly Me To The Moonも大好きな曲の一つでEmil Ernebro and Zandraがのりのりで歌っていますね。

彼のギターののりも最高ですね

 

A Cace of you

この歌は私の大好きな歌の一つです

 

Wallis & Marley Giuntaの奏でる素敵なmusicです

 

自作バランスケーブル

DSC_0559.jpg

この赤いケーブルを作り出してから、高級ケーブルは興味がなくなりました。

自作のメリットは製作費が安い、好きな長さにできることで自由に制作できます

MODEL6+BPS(バッテリードライブ)でも抜群の相性です。

AudioQuest

DSC_0486-2.jpg

AudioQuestのケーブルがよくヤオクで売られていましたが、箱なしで大量に売られているものはすべて偽物です。

一番安いColombiaで1m物で6.3諭吉ですのでskyが2-3諭吉で変えるはずがありません。

ちなみにSKYは1mもので40諭吉もします。

偽物はすべてより線で本物は単線です。画像でみても単線の曲がりとより線のまがりぐわいですぐ判断できます

音質も偽物は全く使い物になりません。

外観だけはよく似ていますが、微妙に違います。

DBSの電池もそっくりでついていますが、内部は全くつながっていません。

ただのフェイクです。

40諭吉もするSKYが箱がない?はありえません。中古品にしてもおそらく置いているはずです。

高価なアンプ、スピーカーを持っていても偽物のコードをつなげば台無しです。

私は最近、安値でいいケーブルを見つけ自作しています。

大枚はたかなくてもいいケーブルは作れますね。

BLGでレビンソン、ゴールドムンド、クレル、その他高級機器を持っているのに、AudioQuestの偽物ケーブルで固めている人がいましたが、非常にもったいないきがしました。電源ケーブルもすべて偽物で非常に嘆かわしいかぎりでした。

Mcintosh MC275R

_DSC1120-2.jpg

いまさら真空管アンプを思われる方も多いと思われますが、なんとなく魅力的なんですよね。

ほのかな真空管のあたかたみのある光が何とも言えません。

真空管はすべて好みの真空管に交換しています。

この球ころがしという作業が楽しみなんですよね

下の804を鳴らしていた時にこの275Rを使っていました。

 

ページ移動

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

人気コンテンツ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着エントリー

新着コメント

Re:Mcintosh C22CE
2014/11/29 from web_master
Re:Mcintosh C22CE
2014/11/29 from HUMMER_H1
Re:iphone6 トラブル解消?
2014/11/20 from web_master
Re:iphone6 トラブル解消?
2014/10/22 from web_master
Re:iphone6 トラブル
2014/10/07 from web_master

Feed