エントリー

カテゴリー「オーディオ」の検索結果は以下のとおりです。

Jeff Rowland.D.G Coherence バッテリー交換

IMG_8137-2.jpg

バッテリー交換してからもう1か月たちましたが、快適に使えています

自分でやれば12,000円程度でできました。

使用したバッテリーは0%まで放電しても260回程度の回復力があり純正のパナソニック製よりいいかもしれません。

パナソニックは2015/11にこの部門のバッテリーの権利をGSユアサに売却したようでそれでpanasoni製のバッテリーがなくなっていたのですね。

コヒレンスは削り出しの筐体なので肉厚があるので少しでもバッテリーが大きいと入りません。94 x 64.5 x 151mmのバッテリーを探さなくてはなりません。

本体からバッテリーを取り出すとき、きつきつ、なのでこのオレンジ色の吸盤が重宝しました。

model6も近日中に、交換するつもりです。22万円もだせません。

8個バッテリーが必要なので6-8万程度はかかるかもしれませんね

まだ型番を調べてないので金額はわかりません。交換するときまた記載いたします。

Jeff Rowland.D.G Coherence

IMG_8085.jpg

フラッグシップモデルのコヒレンスはプリのリファレンスとして君臨してきました。

今でも第一級の性能を誇っています。ジュラルミンのケースに入り総重量が50kg弱になり、運送業者に嫌われます。

手持ちのmodel6+model6+bpsともベストマッチングで空間表現が得意なアンプです。

4年に一度はバッテリー交換という儀式がありますが、これはD.Cのため仕方のないことです。

iphoneで撮影

B&W 800 DIAMOND 

DSC_0849.jpg

我が家にきて1ヶ月経ちました。

パワーアンプの追加、スピーカーコード交換だけでほぼ満足の結果になっています。

オーディオ仲間からも高評価です

このスピーカーはclassic、女性ボーカル等が得意なスピーカーでスピーカーより後ろに音場を広げる音離れの非常に言いスピーカーです。 

JBLのハイエンドモデルとは双璧でjazzはJBL,classicはB&W 800 DIAMONDと思っています。

このスピーカーを徐々に追い込んで自分のものにしたいと思っています

レンズコート

DSC_0858.jpg

やっとレンズコートをEF400 DO USMⅡに装着いたしました。

前の旧型のレンズコートでは合わないのでカッコ悪いので購入しましたが、やはり見栄えがよくなりました。

透明の部分がすぐ色焼けするので新しい物はきれいなので気持ちがいいです。

B&W 800 DIAMOND (3)

DSC_0847.jpg

前回に書いたように、全体的にはいい感じなんだけど、やはり低域不足が隠せません。

パワーアンプの推奨パワーは1000wって書いてあるけどやはり大食いのスピーカですね。

結局もう2台model6を追加しました。

これで低域不足は解消され、低音の芯がでて迫力が増え抜群によくなりました。

25cmのダブルウーファーを制御するにはバイアンプ駆動しないと無理のようですね。

スピーカーの後方2mくらいのところから音場を作ってくれハイエンドマニアを魅了するシステムになりました。

model8なんか買い込むと重量が60kgを超え移動させたり、もし修理の際はヤマトさんも佐川さんも受けてくれません。ピアノ便で東京まで修理に送ると18万近い金がかかります。

model6ならジュラルミンのケースに入れてヤマト便ですぐ送ってくれます。

 

下の方の画像と違いはわかるでしょうか?

もうこれでしばらくはいじらないでしょうね?。

B&W 800 DIAMOND (2)

DSC_0822.jpg

このスピーカーはやはりバイアンプにしないと低音があまりでません。

CD、10枚くらい聞くと1-2枚は低域不足になります。パワーアンプを1000w程度物にすればいいのかもしれませんが、重量が60-85Kgになり故障したりすると修理に出すときピアノ便を使わないと送れないと思います。

それで今のmodel6×4台でカバーできればいい状態になると思います。

音離れは最高でスピーカーに音がまとわりつかず、奥深い音場を作ってくれます。

これはオーディオマニアは息をのむことでしょう!

ちなみにこのスピーカー端子は1個25000円もします。

スピーカーケーブルのyプラグは分厚い銀メッキでこれも4個で21000円と高価ですが、音質は非常にいい状態になりました。

B&W 800 DIAMOND

DSC_0780.jpg

今日、我が家にやってきたB&W 800 DIAMOND、これが生涯最後のスピーカーになりそうだ

私のオーディオマイブームはこれで4回目で最後のブームになりそうです。

届いてまずは、音だし。

初めっから期待通りで、やはりラジオのような低音のない音だ!。

床にポン置きで、位置決めしてから音をつめていくのですが、重量が102Kもあるので底にボール状のローラーが付いています。

これで楽に移動できるのですが、チークの無垢の床に凹みができてしまいました。

気にしていてはセッティングできないので無視して移動しています。

床は低艇的に補強しているので個のスピーカーでにびくともしません。

2-3時間かなり低音の出るCDをかなりのボリュームで音出しいていると、かなりいい感じの音になってきました。

音場は広く、スピーカーの後ろの広がっていい雰囲気です

やはり、P-0sに接続しているルビジュームのクロックG-0sが効いています。

しばらく聞いているとスピーカーの片方から音がでていません。調べてみると振動でバナナプラグが抜けていました。接触面を少し広げてきつめにして差しこみ事なきを得ました

友人のオーディオマニアが興味身心です。

1週間もあればそこそこの音にする自信はあります。

 

こっれって

dyna_vette1996-img640x480-1523175318djqkzw30444.jpg

トーレンスのリファレンス、無敵のアナログプレーヤー

発売当時350万円だったかな?(40年前)

それがオークションで350万スタート、それもジャンク品扱いで!!

修理もできなかったのでそのまま出品したみたい

それが落札価格、5,031,999円、、、、びっくりポンです。

世の中にはお金持ちがいるんですね。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c648992733

GOLDMUND Mimesis 21 EVO

DSC_0707.jpg

このDACはリモコンの操作でプリアンプのようにボリューム調整もできます。

私はダイレクトでDACとして使っています。

GOLDMUNDのDACは高いものは500諭吉もしますのでこの機種で我慢しています。

Esoteric P-0sからこのDACを通してJeff Rowland - Synergy 2iに接続してますが、このプリは全段バランス接続でDACの方はアンバランスでおまけにプリの方は逆相接続になっていますので、自作でRCA~バランスへインコネをつくりました。

クロックはESOTERIC g0-s内部配線はルビジュームのモジュールまでの配線をじさくしています。

AudioquestのSKY3と比較しても自作の方が気に入っていますので満足いく出来栄えです。

これらの組み合わせでSACDプレーヤのMCD-1100をまったく寄せ付けません。

Golemundのロゴの金色はまだ保護ビニールがかぶっています。

 

電源コード

DSC_0393.jpg

たかが電源コード、されどで電源コード。

1990年ごろくらいから電源コードを変えたら音が変わるということをハイエンドマニアの方が仰っていました。

レビンソンのパワーアンプを買ったお店で電源ケーブルを作ってくれましたが、その時は聞き分けができませんでした。

クリーン電源はもうその当時から入れていましたが、電源ケーブルはあまり関心がありませんでした。

この画像のようにこれだけのケーブルがあまってしまいました。

一番太いケーブルは定価がなんと60諭吉もします。

市販品を買っていたのですが、ある時から自作するようになって今ではすべて自作品になっています。

ページ移動

ユーティリティ

2018年12月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

人気コンテンツ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着画像

新着コメント

Re:特殊工具の自作
2018/12/13 from Sarah
Re:Mcintosh C22CE
2018/12/13 from Lisa
Re:アナログプレーヤー
2018/12/10 from Katina
Re:デイズ ホーン交換
2018/12/07 from Katina
Re:オーバーホール
2018/12/02 from Sarah

Feed